関数の呼び出し

関数の呼び出し

//最初にa関数を呼び出す
void Start(){
    //ここの()の中は数値、文字、真偽値を入れる。何も入れなくてもよい
    a(99.99f);
}

//a関数は実数のx(ここの()の中でもらった数値を変数に代入する)
void a(float x){
    Debug.Log(x);
}


関数に初期値を持たせる
例1

void Start(){
    //a関数を呼び出して何も数値がない場合
    a();
}

//floatのxの初期値を100にしているのでx=100
void a(float x  = 100){
    Debug.Log(x);
}


例2

void Start(){
    //a関数を呼び出して数値がある場合
    a(99.99f);
}

//floatのxは関数を呼び出している時に設定された99.99fが使われる(100は無視される)
void a(float x  = 100){
Debug.Log(x);
}


関数に初期値を複数持たせる

void Start(){
    //kansu関数呼び出し引数にaは100,bは200の値を持たせる
    kansu(a:100 b:200);
}

//kansu関数aは整数bは整数(引数としてもらった値を入れる)
void kansu(int a, int b){
    Debug.Log(a+b)
}


オーバーロード(自動的に引数に合う関数を呼び出してくれる)

//kansu関数呼び出し(初期値を呼び出したい関数の型に指定する)
//例えばkansu(100);と書けばvoid kansu( int a){}が呼び自動で出される
//kansu(100 , 200 );と書けばvoid kansu(int a , int b){}が自動で呼び出される
//kansu(“文字”)と書けばvoid kansu(string s){}が自動で呼び出される
void Start(){
    kansu();
}

//kansu関数(整数がひとつだったらこの関数を呼び出してaに代入する)
void kansu(int a){
    Debug.Log(a);
}

//kansu関数(整数が二つだったらこの関数を呼び出してaとbに代入する)
    void kansu(int a,int b){
    Debug.Log(a+b);
}

//kansu関数(文字列だったらsに代入する)
    void kansu(string s){
    Debug.Log(s);
}


戻り値(関数を呼び出して、数値を戻してもらう)

//kansu関数を呼び出して戻してもらって、consoleに表示
void Start(){
    Debug.Log(kansu(100,200));
}

//kansu関数(ここはvoidではなく、戻してほしいデータ型名を最初に入れる)
int kansu(int x ,int y){
    //returnで関数を呼び出した所に数値を戻す
    return x + y;
}